LINEで送る
Pocket

銀行では必修の「札勘定」練習でコツをつかむのは意外と簡単。札勘定、略して「札勘(さつかん)」は、お札を専門に扱う銀行で長年培ってきたノウハウです。「手でお札を数える方法」としては最も正確で間違いが起こりにくい方法に昇華していると考えられます。練習用の模擬紙幣は簡単に入手でき、YouTubeに懇切丁寧なトレーニング用動画もあるので、独学で習得できる環境は整っています。

札勘の基本とポイント

基本は「縦」と「横」両方ともに行う

銀行の札勘の基本は縦方向と横方向に1回ずつ数えます。(「タテ勘・ヨコ勘」という呼び方が一般的だと思います)

  • 縦方向・・・縦勘定(タテ勘・タテ読み)→多くの人が普通に行う方法に近い
  • 横方向・・・横勘定(ヨコ勘・ヨコ読み)→扇形に広げて数える

プロの札勘(模擬紙幣と紙帯でのセットまで) 基本編

 

タテとヨコ、異なる目的

タテ勘では券種の違いが容易に発見できます。

ヨコ勘ではお札の重なりを容易に発見できます。

タテ・ヨコに慣れると、5~10枚程度のお札でも両方で数えないと落ち着きません。また、窓口で現金を受け取る相手方に「ちゃんと数えてるぜー」というプレッシャーを与えるのにも(特に海外などは)有効だと思います。

お金ではないですが、ヨコ勘を習得すれば、例えばコピー用紙をさばくときにも役に立ちます。

 

札勘定の練習

とても丁寧な解説の動画があります。新人時代にこんなのがあったら、どれだけ楽だったか・・・と思わずにはいられません。

 

縦に数える(タテ勘・タテ読み)

レジとかで目の前の人がまとまった束の紙幣を数えるとき、どうしても持つ側の指に目が行ってしまいます。どうも不安定な持ち方をしている人が多いです。正しい持ち方(支え方)は、曲げた中指と薬指で挟む方法です。下の動画の 0:58 あたりに挟み方が出てきます

 

【元銀行員が教える!】レジでのお札の数え方(タテ読み)札勘練習

 

横に数える(ヨコ勘・ヨコ読み)

ヨコ勘定、これを覚えると数え間違いが劇的に減ると思います。タテ勘で見逃しがちな重なりや折れが容易に発見できます。新札なんかには特に有効。

 

【札勘プロの技! 】レジでのお札の数え方(横読み)札勘練習

 

銀行員の札勘の学び方、業務への活用

新入行員研修で反復練習、技能試験

銀行に入ると、最初の研修から、練習用の模擬紙幣を配布され、反復練習をさせられます。決められた技能試験をクリアするのが当面の目標です。

技能試験は、300枚+α のお札 の束に対し、各々の束100枚を確認(タテ・ヨコ札勘)し、帯封をして止め印を押すまでの作業を行い、3分で3束作成するというものです。

当時は上手な人からコツを聞いて、後はひたすら自分で工夫するしかありません。上記のような便利な動画があったら上達も早いだろうなと思います。

 

帯封のない札束を数える際には必須の技術

銀行の店内には紙幣や効果を自動で数える機械がありますが、外訪先や応接室で現金をお預かりする場合にはマシンを持ち歩くわけにはいけません。札束は全て手で数えることがルールとされていました。「現金その場限り」まあいいやは絶対に許されません。不動産の売買や返済等で数千万円の現金を取次する場合には、応接室であれば、店内の行員にヘルプを頼んで数名ががりで黙々と札束を数えることもあります。

例外として札勘しなくて構わないものがありました。

  • 1千万円(100万円×10束)の束で日銀で帯封されているもの
  • 1億円(上記1,000万円×10束)がビニールパッキングされているもの

日銀の帯封は、一般の銀行が使っている帯封とは色もデザインも異なるため見ればすぐ分かります。1億円パックは、よくドラマ等で出てくる現金輸送用のトランクケースにちょうどスポッと収まるぐらいの大きさになります。(「現送箱」と呼ぶようです)↓

 

あるとき、大口預金先のお客様から「現金1億円持ってきて」と連絡が入り、2人で搬送したことがあります。(これくらいの規模の現金支払は事前に連絡しておかないと銀行は対応できません)

本部から取り寄せた「1億円パック」をトランクケースに入れて運び、お客様に渡したところ、

「あー、ありがとう」

と言って、お客様は机の脇に1億円パックを放り投げました。床に転がっている1億円に目をやりながら、私は尋ねました。

 

「ちなみに、これ(1億円)どうされるのですか?」

 

「これ? ああ、これは・・・俺のポケットマネー」

 

と言って、いたずらっぽく笑うお客様の顔が印象的でした。

 

長期間やらずにいるとスピードが落ちる

融資業務に携わっている銀行員は、昔のテラー係(窓口担当)のように、毎日朝から夕方までひっきりなしに札勘を行っているわけではありません。そのレベルである場合、長期間にわたり札勘から遠ざかっていると、精度とスピードが落ちてきます。

まだ現役の銀行員であったとき、母方の祖父母の葬式では夜に香典を数えるのが私の仕事になっていました。最初は祖母の葬式、5年後くらいに祖父の葬式がありましたが、その間に管理職となったため現金を取次する機会が大幅に減っていました。すると傍目からも札勘のスピードが落ちているのが分かったようで、「よっちゃん、腕が落ちたね(笑)」と叔父にからかわれた思い出があります。

 

LINEで送る
Pocket