寺山修司の監督デビュー作品「書を捨てよ町へ出よう」は覚悟して観ろ

「アングラ四天王」の寺山修司が初めて監督した映画作品『書を捨てよ町へ出よう』を学生時代に観に行きました。映画のタイトルはカッコいいフレーズ。しかし内容は前衛的な実験映画であり、予備知識なく鑑賞しようとするとショックを受けます。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

特に”前衛映画”が好きというわけではない

前回の記事 故佐藤重臣「アングラ映画のジューシン」黙壺子フィルム・アーカイブ をご覧になった方は思うかも知れません。

「奥野ってアングラ映画が好きなのか?」

いえいえ、私はアングラ映画や前衛的な作品を好んでは観ていません。ヽ(´o`;

アングラ映画の殿堂「黙壺子(もっこす)フィルム・アーカイブ」へ映画を見に行ったのも一度きりです。

予備知識ゼロで寺山修司の映画を観に行った

黙壺子(もっこす)以外の場所で観たことがある”前衛映画”は一つだけあります。

寺山修司が監督した作品『書を捨てよ町へ出よう』でした。

大学の競技ダンス部の同期に年齢が一つ上の女子がいました。普段から彼女は、年下の私を弟のように取り扱っていました。

ある日のこと、大学キャンパスで鉢合わせした彼女が突然「奥野くん、映画を観に行くよ!」と。私はそのまま池袋の名画座へ連れて行かれました。

映画館の、全く知らないタイトルの看板に気がついた私は、チケット窓口の前で彼女へ尋ねました。

「何の映画?」

「ん? 寺山修司!」

私は「寺山修司」という名前は何となく聞いたことがあったような気がする程度。

全く予備知識がないままに映画館へ入ったのでした。

寺山修司は「アングラ四天王」の一人

1960年代から1970年代にかけて活発に活動していた「アングラ劇団」。アングラ(=アンダーグラウンド)とは、大衆的ではない前衛的な文化のことです。

中でも人気のあったのが「アングラ四天王」で、寺山修司もその一人でした。

アングラ四天王は次の4人。

  • 寺山修司・・・「天井桟敷」
  • 唐十郎   ・・・「状況劇場」
  • 鈴木忠志・・・「早稲田小劇場」
  • 佐藤信   ・・・「黒テント」

映画『書を捨てよ町へ出よう』実験的な前衛作品

私たちが観た映画は『書を捨てよ町へ出よう』でした。寺山修司の1971年映画監督デビュー作品です。

「書を捨てよ町へ出よう」ってカッコいい感じがするけど・・・

「書を捨てよ町へ出よう」は、ちょっとカッコいいフレーズとして耳にすることもあるかもしれません。

しかし、その映画は凄まじく前衛的でとんでもない内容です。

私は全く理解ができませんでした。

内容も他人に説明できるほど記憶に残っていません。

その意味や意図が分かるシーンが何一つなかったのです。

せめて予備知識があれば冷静に観察できたかも・・・

せめて寺山修司が「アングラ四天王」だという予備知識があれば、そういう観点から作品を観察できたでしょう。

しかし、もう只々「なんだこの映画はー???」で終わってしまったのです。

この映画に関心のある方は、YouTubeに 「書を捨てよ町へ出よう」予告編  があります。【※注意】エロ描写あり

この予告編だけでも、支離滅裂な感じはある程度つかめましょう。

今なら改めて観てみようかとも・・・ちょっと思う

唖然とするばかりだった映画『書を捨てよ町へ出よう』も、ある程度は前衛的なアートも楽しめるようになった今であれば、また違った印象になるかもしれません。

Blu-ray ソフトを買ってみようかとも思う一方で、下のツイートにもコメントされているとおり、この映画は「映画館で観ることそのものに意味がある」と、私も思うのです。

理由はネタバレするので書きませんが。。

教訓!!

前衛的な映画を観る前にはせめて監督のプロフィール程度は確認すべし!

タイトルとURLをコピーしました