口論で駅のホームから相手を線路へ突き落とすトンデモナイ事件が続発

電車内や駅で、マナー注意等の口論から相手を線路へ突き落とす事件が2週続けて発生。私は以前から電車が侵入してくる際には足を踏ん張って警戒をしていたものの、それだけでは足らないかなー?と・・・世知辛い世の中になりました。(文中敬称略)

駅のホームでは気を抜けない習慣がついた自分

昨年(2018年)の夏に「駅のホームでは、後ろに注意を払いつつ足を踏ん張る習慣が抜けない」というツイートをしました。

今日の未明に大阪で起きた事件のニュースが入ってきました。

『駅で下車後、男性を線路に突き落とした疑い』

連続した「線路に突き落とし」事件

先週にも茅ヶ崎で『線路に突き落とし』の事件があったばかりです。

突き落とした理由は何と! 音漏れを注意され逆ギレ

ちょっと検索してみたら、2016年12月には滋賀県で突き落とし事件がありました。

ちょっとした口論がきっかけの恐怖

私がツイートで「警戒していた」理由は、銀行の貸しはがしが激しかった時期に、恨んだ融資取引先から突き落とされる危険があったからです。(実際に「脅し」の発言もありました)

しかし一連の事件はそんな性質のものではありません。つのった恨みの矛先としてではなく、その場の口論から発作的に突き落としたようです。

口論するならホームの中央部で

これからは駅のホームに電車が入ってくる瞬間に気をつけるだけではダメなようです。特にホーム上でマナー注意や口論を行うときは、端を避けてホームの中央に移動するべきです。

電車内でトラブルになり、いったん下車するときもすぐにホームの中央に進んだほうが良いでしょう。

万全を期すならば、トラブルを避ける(悪いマナーを見ぬふりする)ことなのかもしれませんが・・・

駅のホームのトラブルだけでなく通り魔にも注意か・・・

さらに言うと、最近の通り魔事件のニュースの影響で、駅のホーム以外でも家の外にいるときは「周囲に怪しい動きがないか」と常に気を付けるようになりました。

気を抜けなくて疲れるし、世知辛い世の中になったものです・・・

タイトルとURLをコピーしました