6月の新潟で思い出すのは「白根大凧合戦」大迫力の激突と綱引き合戦

「新潟・6月」と聞いて、真っ先に思い出すのは「白根大凧合戦」なのです。新潟に住んでいる時に観戦に行って、かなり気に入ってしまいました。チャンスがあればまた見に行きたいー!(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

新潟の6月上旬は「白根大凧合戦」

「新潟で震度6強の地震発生」のニュースでふと気がついたのです。

新潟・6月といえば”白根大凧合戦!”・・・また見に行きたいなーと思っているのです。

白根大凧合戦は、白根(しろね:新潟市南区←2005年3月以前は白根市)で毎年6月上旬に行われる行事です。

2019凧PR動画

大凧のぶつけ合い~綱引き合戦

この「白根大凧合戦」、新潟に住んでいたときに見に行きました。

合戦の流れを簡単に説明するとこうなります。

  1. 川の両岸から大凧を揚げる
  2. 2つの大凧を空中で激突させる
  3. 川に落ちた2つの大凧をさらに絡ませる
  4. 両岸で綱引き
  5. 綱が切れた方が負け

4の綱引きのときは、綱を土手から道路まで下ろして大人数で引っ張ります。観光客も子供も参加できます。

【新潟シティチャンネル】三百年の闘い!魂の大凧合戦

凧がぶつかりあう大迫力を見ているだけでも面白いし、綱引きに参加して一緒に楽しめるし、おすすめです!!

▼白根大凧合戦ホームページ
交通アクセスのご案内
※2020年度の白根大凧合戦および関連イベントは下記の日程で開催される予定でしたが、 新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中止となりました。 お車 自動車は混み合うことが予想されますので、公共交通機関をご利用ください。
タイトルとURLをコピーしました