ヨーグルトメーカー比較:多機能で速いのが必ずしも最良とは限らない

「カスピ海ヨーグルト」を作るために私は主に2種類のヨーグルトメーカーを使っています。機能にかなり差があるものの、実際に常用しているのは、高機能・高速の機種ではなく、シンプルで遅いマシンの方なのです。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

機能が異なる2つのヨーグルトメーカー

牛乳パックを利用して「カスピ海ヨーグルト」を作るため、私はアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを2種類持っています。

(ちなみに、他のメーカー製を含めて、現在は5台のヨーグルトメーカーを保有しています)

アイリスオーヤマ製のヨーグルトメーカーには大きく3種類あり、そのうちの2台です。この2種類以外のもう1つの機種も持っていました。しかし故障してしまったので(写真左側の)マシンに買い換えました。

2つの機種の違いは「出来ること」と「仕上がり時間」です。

多機能なIYM-013

この機種は多機能です。メニューボタンは5種類以上あります。

  • プレーン
  • カスピ海
  • 甘酒
  • 塩麹
  • 飲むヨーグルト(容量別)
  • 自動

ヨーグルトが出来上がる標準時間は、例えばカスピ海ヨーグルトであれば「9時間」です。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモード 温度調節機能 付き IYM-013

▲画像クリックでAmazonへ▲

シンプル機能のIYM-011

一方、こちらの機種の機能はシンプルです。メニューは2種類しかありません。

  • プレーン
  • カスピ海

ヨーグルトが出来上がる時間は「12時間」です。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモード 温度調節機能 付き IYM-013

▲画像クリックでAmazonへ▲

常用しているのはシンプルな方

機能だけ見れば「多機能で速い」ヨーグルトメーカーの方が優れているように見えます。私が最初に買ったのも多機能な機種(IYM-013)でした。

しかし実際には、後から購入したシンプルなマシン(IYM-011)をより多く使うようになったのです。

高性能機は仕上がりが速すぎる

私がカスピ海ヨーグルトを仕込むタイミングの多くは、夕食時つまり20時前後です。

この20時前後に仕込んでから「9時間後」は午前5時です。早朝で大抵はまだ寝ている時間です。ヨーグルトは程よく出来上がってから数時間も放置すると、ホエー(乳清)が増えてグチャグチャになってしまいます。

出来上がるのが「速すぎる」のです。

シンプル機はグッドタイミングに仕上がる

これが「12時間後」であれば午前8時であり、ちょうど起床して身支度するあたりの時間に当たります。ヨーグルトはちょうど良い状態になっており、冷蔵庫へしまうことを忘れることもありません。

まさしく絶妙なタイミングなのです。

人や環境によってそれぞれ「最適」は違うのだ

ただし、決して「高性能マシン」がダメだと言っているわけではありません。例えば昼間にヨーグルトを仕込むときには、9時間後に出来上がる方が都合が良いケースもあります。

だから、状況に応じて使い分ければ、よりハッピー!?

タイトルとURLをコピーしました