『総天然色ウルトラQ』デジタル技術でカラーリングの凄さ!!

2011年に発売された『総天然色ウルトラQ』のBlu-ray BOX を衝動買いしました。米企業のデジタル技術で着色を施したリマスターHD映像は素晴らしい。しかし注文するタイミングを誤って、ショックが大きくて、やるせない。。(文中敬称略)

『総天然色ウルトラQ』を衝動買い!

4日前の記事 4K画質って凄いなー!?ウルトラQの比較画像で改めて思う の中で騒いでいた私・・・

”ウルトラQ”の4K版はスゲーぞ。欲しいぞ!!

実は私は、このニュースを知ると同時に、総天然色ウルトラQ』が2011年に発売されていることにも気がついたのです。

総天然色ウルトラQ 予告編

発売後8年「廃盤?」焦って衝動買い

発売から8年経過して、もう廃盤となっている様子だったので、中古品を衝動買いしてしまいました。

『総天然色ウルトラQ』Blu-ray BOX I

▲画像クリックでAmazonへ▲

『総天然色ウルトラQ』 Blu-ray BOX Ⅱ(最終巻)

▲画像クリックでAmazonへ▲

『総天然色ウルトラQ』とは!?

『総天然色ウルトラQ』は、”ウルトラマンシリーズ45周年”を記念して企画されたプロジェクトです。

アメリカの”レジェンドフィルムス社”とのタッグを組んで制作しています。

ウルトラQ「国内初の特撮テレビ映画」

ウルトラQは、私が生まれた1966年に放送された”空想特撮シリーズ”。

同じ年の後半から『ウルトラマン』の放送が始まりました。

昭和41年、米国の『トワイライトゾーン』などをヒントに1話完結型のSFドラマとして製作された、独特の怪獣路線を融合させ、子供たちを虜にした“空想特撮シリーズ”。

映画『ゴジラ』の特撮監督として世界的に名を轟かせた円谷英二の構想の下、スタートしたTV番組企画であり、円谷プロ、東宝、TBSの3社がトライアングルを組んだ国内初の特撮テレビ映画である。

最高視聴率36.4%、平均視聴率32.39%を記録。日本全土に空前の怪獣ブームを引き起こした。

https://m-78.jp/q/about-q.html より引用

HDリマスター&カラー化

”カラーライズ”とは、最先端の映像デジタル技術を使って、モノクロ作品を着色する技術です。

肌色に若干(ワサワサした)ノイズが目立つシーンはあるものの、着色による違和感もなく、とっても見やすい映像になっています。

円谷プロでは、世界最高のカラー化技術を持った米レジェンドフィルムス社と業務提携を組み、水面下でHDリマスター&カラー化が進められていた。

実に、構想から制作まで3年のプロジェクトがついに完成! ゴジラの産みの親、円谷英二が全てをかけて製作した、日本の特撮作品のマイルストーン『ウルトラQ』が、35mm ローコントラスト・ポジからのHDテレシネ、着色、リマスターを行い、総天然色カラーHD作品として蘇る。

https://m-78.jp/q/about-q.html より引用

ショッキングな早とちり

実はこの『総天然色ウルトラQBlu-ray BOX』を買ってから、衝撃の事実を知ってしまいました。

新発売の4K-BOXで良かったのか!?

何と!? 新しく発売されるUHD & MovieNEXのブルーレイBOX”の本編blu-rayには総天然色バージョンも含まれているとな!?

中古なので定価以下で購入してはいるものの、注文前にちゃんと調べておけば良かったと深く反省。。


ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX(特典なし) [Blu-ray]

▲画像クリックでAmazonへ▲


タイトルとURLをコピーしました