料金1000円「映画の日」は12月1日のみ!毎月の割引サービスは別物

もはや定着化した「毎月1日」の映画サービスデー。料金が1000円になる「12月1日の映画の日」と混同している人も多いようです。主要シネコンの状況と割引サービスの歴史を調べてみました。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

ファーストデー(毎月1日)は本来の「映画の日」ではない

いまやほとんどの映画館で行われていると思われる「毎月1日」の料金割引サービス

この1日を「映画の日」と呼ぶ人も多いですが、厳密に言うと間違っている場合が多いのです。

本来の「映画の日」は年に1回の「12月1日」のみです。

 

シネマコンプレックス大手のウェブサイトを調べてまとめた

シネマコンプレックス大手6社の「毎月1日」または「12月1日」の料金サービスの状況を調べてまとめてみました。2018年9月2日現在 2019年5月29日、6月25日更新)

 

▼シネマコンプレックス大手6社の割引情報(各社ウェブサイトから、金額は税込)

映画館毎月1日12月1日
イオンシネマハッピーファースト
1,100円
映画の日
1,000円
TOHOシネマズファーストデイ
1,200円(注1)
映画の日
1,000円
ユナイテッド・シネマ
シネプレックス
映画の日
1,200円(注2)
映画の日
1,000円
MOVIXファーストデイ
1,200円(注1)
映画の日
1,000円
109シネマズファーストデイ
1,200円(注1)
表示なし
T・ジョイファーストデイ
1,200円(注1)
映画の日
1,000円
 

各館共通していた「毎月1日」の値段に動きあり

表を見ると分かるとおり、シネコンによってサービスデーの呼び方や料金設定がバラバラで統一されていません。

ユナイテッド・シネマと109シネマズは、ウェブサイトやGoogle検索では「12月1日の映画の日」設定を確認できませんでした。

共通しているのは「毎月1日は料金1,100円(税込)」という点のみ。(2019年6月、7月から変更あり→注1、注2)

 
【2019年5月29日追記】

(注1)2019年6月1日から料金値上げ(1,100円→1,200円)を発表済

 
▷TOHOシネマズ
 
▼MOVIX
 
▼109シネマズ
 
▼T・ジョイ
 
【2019年6月25日追記】
(注2)2019年7月19日から料金値上げ(1,100円→1,200円)を発表済

▼ユナイテッド・シネマ
 
▼スポンサーリンク▼
 

映画産業団体連合会(映団連)が制定する「映画の日」は12月1日のみ

映画業界には大きく分けて2つの団体があります。

  • 一般社団法人映画産業団体連合会(映団連)→映画産業の振興を目的とする社団法人
  • 全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)→全国47都道府県の興行組合の全国組織

これ以降は、各団体を略称の「映団連」「全興連」で表記します。

 
 

12月1日の「映画の日」は映団連が”日本の映画産業発祥を記念”して制定した

映団連ウェブサイト の「映画の日」の解説は次のとおりです。

  • 1896年(明治29年)11月25日~12月1日、エジソンが発明したキネトスコープが、初めて神戸で輸入上映された
  • 60年目にあたる1956年(昭和31年)より12月1日を「映画の日」と制定した。
  • 「映画の日」は日本における映画産業発祥(日本で初めての有料公開)を記念する日
 

映画の日には映団連が「中央大会」で功労者を表彰する

映団連では、映画の日の式典で映画産業の功労者を表彰しています。

映画の日 特別功労大章・特別功労章及び感謝状贈呈者一覧へ

 
 

”興行側の”全興連の協力で割引サービスを実施している

映団連が制定した「映画の日」には(興行側の団体である)全興連が協力する形で、料金割引やイベントを行っています。

全興連の事業計画にも次のように明記されています。

12.「映画サービスデー」を行い「映画の日」記念行事には全面的に参加、協力する。

 

12月1日以外のサービスデーは各都道府県の支部が自由に決定

1997年から「12月1日の映画の日」以外のサービスデーは各都道府県の支部が自由に決定できるようになりました。

そして現在ほとんどの映画館で行われいる「毎月1日」の割引サービスが普及するようになったです。

 

映画の日の由来「キネトスコープ」とは何か? 

「映画の日」の由来となった、日本初、神戸で上映された「キネトスコープ」とはどういうものでしょうか? 

次の記事 エジソンが発明した映画上映装置”キネトスコープ”は立ったまま観る では、貴重な当時の写真とともに紹介します。

 
タイトルとURLをコピーしました