音楽関係の記事をスピンアウトしました → 音楽@バブル世代ど真ん中

コンタクトレンズ流出防止キャップとか色々試してみたら意外な結果に

コンタクトレンズ流出防止マットは適合する排水口には抜群の効果を発揮します。しかしポップアップ栓の形状によっては別のモノが必要なのです。色々と試して最適グッズを見つけました。(文中敬称略)

コンタクトレンズ流出防止マット『Safety Catch』の弱点

前の記事 コンタクトレンズ流出防止マット「セイフティキャッチ」は必須グッズ で書きました。

洗面台でコンタクトレンズを脱着するときに、排水口からの流出防止マット『セイフティキャッチ』を愛用。

しかしマットは万能ではなく、旅先では苦労することもあるのです。

困った状況になる理由は、洗面台の排水口の形状の違いです。

宿泊先によっては時々、下の写真の右側のように、排水口の栓(せん)が外に大きく飛び出している洗面台もあります。

この飛び出した栓がクセモノです。

マットが浮いてしまって、コンタクトレンズの流出を完全には防ぐことができません。

『コンタクトレンズ流出防止カバー』を買ってみた

そこでAmazonで見つけたグッズが『コンタクトレンズ流出防止カバー』。

飛び出した栓をスッポリ覆うことができそうです。

ところが購入していざ洗面台の排水口にセットしようとしたところ、ショッキングな問題が発生しました。

なんと!飛び出している栓とサイズが合いません!! 1コ626円がムダにーー!?

最適グッズを探す→答えは100円ショップに!

失意の中で、ネット検索していたところ『100円ショップのヘアキャッチャーで代用できる』という情報を目にしました。

そこでDAISOで買ってきました。『浴室排水口用ヘアキャッチャー』!

小さいサイズのヘアキャッチャーではサイズが合わないのが確実に分かったため最も大きいものをチョイスしました。

結果はいかに!?

ヘアキャッチャーもダメです!! 端が浮いてしまいます。

しかし慌てるのはまだ早い。こんな事もあろうかと、念のために私はDAISOでもう一つグッズを買ってきていたのです。

それは『茶こし』!! 直径85mmの最大サイズです。

茶こしのサイズはピッタリです。これは大いに期待できます。蛇口から水を流してみます。

ステンレス製でそこそこ重さもあるため、流水にはびくともしません。

直径85mmの茶こし。100円!! 完ぺきですヽ(^。^)ノ


ちなみに、通販(Amazon)で注文するとしたらコレですね。サイズも豊富。

タイトルとURLをコピーしました