リストラから復活した東京電力「でんこちゃん」にまたピンチが迫る?

東京電力の営業エリアでは抜群の知名度を誇ったマスコットキャラクターの「でんこちゃん」。四半世紀にわたり愛された彼女は震災後の2012年にリストラされ一時消えていました。2年後に復帰したものの、また新たなピンチが迫っているようにも見えます。(文中敬称略)

2012年3月にリストラされた東電の人気キャラクター「でんこちゃん」

東京電力を利用している地域の人にはたいへんに馴染みが深い東京電力のマスコットキャラクター「でんこちゃん」。

でんこちゃんの登場は1987年、四半世紀にわたり親しまれた

でんこちゃんは1987年にパンフレットに初登場。

1991年からテレビCMにも登場し、漫画家「内田春菊」の愛らしいキャラクターが人気を得ました。

ときどき幼いイメージで描かれることもあるでんこちゃん。

しかし実は設定は主婦です。本名は「分電でんこ」といいます。

震災と原発事故の影響で登場自粛→経費削減でリストラ

テレビのCMでは「じゃん!」と登場し「電気を大切にね!」と啓蒙するとともに、自分自身の公式ホームページまで持っていたでんこちゃん。

2011年3月の震災と原発事故の直後からCMは放送されなくなり、公式ホームページも削除されました。

そして2012年3月末の(内田春菊との)契約満了時に契約更新されず、正式に消えてしまったのでした。

東京電力の広報の話しによれば「経費削減」とのことで「でんこちゃんがリストラされた」と話題になったのでした。

東電のキャラ「でんこちゃん」経費削減のため3月でリストラ
 原発事故に伴う賠償や廃炉の費用で経営破綻の危機に瀕している東京電力は、全社員の年収2割カット、2013年度末までに4万人の社員を3600人減らすなどのリストラ策を打ち出している。  その…
「でんこちゃん」リストラ 作者・内田春菊氏は知らなかった
 1987年以来、東京電力のマスコットキャラクターを努めてきた「でんこちゃん」がコスト削減のため3月31日をもってリストラ(契約解除)されることになった。 ここはでんこちゃんの“生みの親”…

2年後に電撃復帰した「でんこちゃん」

でんこちゃんのキャラクター契約が更新されずに姿を消し、2年以上が経過した2014年10月にサプライズニュースが飛び込んできます。

「でんこちゃんが復帰する」というニュースでした。

「今年8月末頃から、HPに復帰していました。でんこちゃんが不在の間に、その好感度の高さを再認識し、コミュニケーションツールとして彼女に頼るしかないと判断したからです」

NEWSポスト 2014年10月20日 より引用

でんこちゃん復帰の理由 「彼女に頼るしかない」と東電広報
 懐かしのヒロインが2年ぶりに帰ってきた。東京電力のマスコットキャラクター「でんこちゃん」が、最近になって再び同社のHPに登場。ファンの間で話題となっている。 でんこちゃんは震災翌年…

でんこちゃんは「教えて!でんこちゃん」というコーナーで控えめに登場しています。

教えて!でんこちゃん #001 電力自由化でくらしはどう変わるの?│電力自由化はじまります│東京電力
電力自由化で電力の小売事業が活発になり、家庭向けの電気料金メニューが豊富になることによって、消費者は電力会社を選ぶことができるようになります。複数の会社が新規参入しても、送配電を監督している、電力広域的運営推進機関(OCCTO)があるので、安定した電気と安心のサービスが提供されます。ここでは、電力自由化とは?について解...

facebookに公式ページも開設されました。

でんこちゃんにライバル出現、2018年7月に新キャラクター「テプコン」登場

でんこちゃんが復帰してから4年後の2018年7月、東京電力は新しいマスコットキャラクター「テプコン」を発表します。

この新しいマスコットキャラクター「テプコン」の登場は、でんこちゃんの再リストラを展望しているのでしょうか?

ちなみに「でんこちゃん」の公式facebookページは2016年4月で更新がストップしています。

タイトルとURLをコピーしました