エゴサは”工夫して継続する”以外に特別なことはしていない

Twitterのエゴサーチについて「どうやっているのか?」と質問されます。別に特別なことはしていません。強いて言えば「#ハッシュタグは使わない」とか「タイミングをコントロールする」・・・あとは工夫しながら飽きずに継続!!(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

エゴサと言っても特別なことはしていない

OWNDAYS破天荒フェニックスに関するツイートをすると必ず奥野が反応する』という噂が立っているようです。

そして「エゴサをどうやっているのか?」というような疑問もときどき目にします。

エゴサを始めた初めのうちは試行錯誤

私がTwitterでのエゴサ(エゴサーチ=ネット上で自身を検索する)を開始した経緯は OWNDAYS/オンデーズのTwitterの裏側を説明しましょう に書きました。

エゴサを始めた当初は、私も全く勝手が分からないため、色々と試行錯誤をしました。

多くの人が考えるのは「#ハッシュタグ」をつけて検索する方法でしょう。

確かに私も、まずはハッシュタグ付き(例えば #破天荒フェニックス とか #オンデーズ )のキーワードを入力していました。

検索するのにハッシュタグは必要ない

しかし、すぐに気がつきました。ハッシュタグを付けずにツイートする人も多くいるのです。

ハッシュタグを付けて検索するとフィルターにかかる対象が絞られてしまいます。

キーワード検索に単語を登録するだけ

そして結局はハッシュタグを付けない単語のみを「キーワード検索」に登録するスタイルになりました。

▼Twitterウェブサイトの”キーワード検索”

後は、登録済の検索ワードを時々ポチポチ押しながら、サーチ結果に出てきたツイートをチェックしていくだけです。

Twitter関係のツールも試した

公式のTwitterサイトやアプリ以外のツールもいくつか試してみました。

Twitterの公式クライアント・アプリケーションである TweetDeck はPCの画面でツイートを一覧するのに適しています。

▼TweetDeckの画面

しかし、結局はスキマ時間にスマホを使ってポチポチとサーチする方が無理なく続けられることが分かってきました。

今ではTweetDeckもあまり使わなくなり、もっぱらTwitterの公式ウェブサイトと公式アプリを利用しています。

機械的に反応している訳ではない

きっと「何かキーワードに自動的に反応するツールを利用しているのではないか?」と疑っているのでしょう。

たまに、オンデーズやメガネに全く関係ないツイートに オンデーズ等の #ハッシュタグをつけたり、投稿を連発したりする方がいます。

しかし、私は自動ツールも使っていないし、決して機械的に反応している訳ではありません。

リツイートするタイミングはコントロール

タイムラインにひっきりなし繰り返し流されるリツイートは、場合によっては見る人をうんざりさせて逆効果となります。自分も同じ感覚です。

そのため、しつこくならないギリギリの限界点を見極めながら、反応するタイミングはコントロールしています。

また知り合い同士のプライベートな会話には、あまり触らないようにしています。

自動ツールとか使っていたら、こんなコントロールは難しいでしょう。

ただ工夫を重ねながら継続しているだけ

繰り返しになりますものの、とにかく特別なことをやっているのではありません。

ただ工夫を重ねながら継続しているだけです。

きっと多くの人は、この”続ける”ことが出来なくなる、または”工夫をやめて惰性になる”ことで中途半端になってしまうのではないでしょうか?

本当に凄いのは河野太郎大臣のエゴサ

ところで私は、世間ではたいへん話題になっている河野太郎大臣のTwitterエゴサーチは凄いと思います。

きっと自分の名前以外に「見つかる」とか「バレる」というキーワードでもフィルターをかけているのだろう・・・と思っていました。

しかし、そういったワードがない”記号”のツイートまで捕捉してしまうとは驚愕です。

もう不思議で仕方がありません。ヽ(´o`;

河野大臣のTwitterエゴサ能力に全ネット民が驚愕「ステルス河野太郎チャレンジ」も話題│世永玲生の電網マイノリティ - Engadget 日本版
こんにちは!時代の変化と共に「インターネット」に慣れ親しんでいる人が世界中で政治家となって活躍してきています。 海外では台湾のデジタル担当大臣のオードリータンさんが、2016年の就任以来「聞きたいことある?」とばかり、積極的にネットユーザーと触れ合っていることが幾度となく話題になっていますが、日本でも「過去最高のネッ...
タイトルとURLをコピーしました