"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

破天荒フェニックス”オンデーズ再生物語”の基礎を作った銀行員時代

2019年11月 14日(木)

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 奥野良孝

2018年10月ソーシャル経済メディア”NewsPicks”に奥野のインタビュー記事が掲載されてから1年が経過しました。破天荒フェニックスの文庫本の発刊を機に、インタビューの内容に更にエピソードも追加して大幅にリライトします。(文中敬称略)

バブル絶頂期に都市銀行へ入行した

私が大学を卒業して富士銀行(みずほ銀行の前身)に入行したのは、1989年(平成元年)のバブル絶頂期でした。

当時の就活環境は超売り手市場。中でも就職先として金融機関の人気が最も高かった時代です。

 
”バブル世代”の定義を再確認「いつからいつまで?」を図表化してみた

バブル世代とは”バブル景気の売り手市場で就活した” 新社会人で1988年から1992年入社組が該当。定義範囲を図表化して年度別に比較すると、1989年(平成元年)組の私が『バブル世代ど真ん中』と自称す ...

続きを見る

 

就活時は銀行に全く興味がなかった

就職活動時は広告代理店が第1志望でした。しかし最初に内定を出した富士銀行に拘束されて・・・。

実を言うと、就活を始めた時は銀行には全く興味がありませんでした。

富士銀行が収益トップバンクであることはおろか銀行名すら知りませんでした。

ただし、人気ランキングの上位企業で、かつ先輩方の人柄も好印象だったので「まあ、ここでもいいかな」という感じで富士銀行への就職を決めたのです。

 

バブル崩壊から金融システム危機へ

銀行では主に「融資」を軸とした業務を行っていました。いわゆる「融資畑」というやつです。

ただし銀行の方針が「1人の担当者で全部(営業・融資・新規開拓など)やる」となって、ひたすら外回りをしていた時期もあります。

▼新規開拓でのエピソード

 
クレジットカードの束
カード獲得の「常軌を逸したノルマ」バブル時代の銀行員はどうした?

クレジットカードとカードローン。バブル時代の銀行は、個人取引拡充のため、行員へ過酷な獲得ノルマを課していました。結果として「手段が目的化」し、冷静に考えれば首を傾げるセールス方法が蔓延(まんえん)した ...

続きを見る

 

銀行員3年目にバブル崩壊

私が銀行に入った3年目にバブル経済が崩壊して、いわゆる「失われた10年」が始まりました。

日本経済が急降下するとともに、銀行の不良債権が見る見るうちに膨れ上がり、金融システム危機に突入するのでした。

経営破綻する金融機関も出てくる危機的状況の中で、銀行の喫緊の課題は「不良債権の処理」となりました。

そして私の業務も債権管理回収が中心へと変わっていくのです。

 

悪魔の『緊急経済対策』通達

銀行による「貸し渋り・貸し剥がし」が激しさを増して社会問題化した21世紀の初頭。私は営業店の融資課長として最前線に立っていました。

特に2001年4月6日の政府通達『緊急経済対策』は銀行にとっても中小企業にとっても悪魔のような厳しい内容となりました。

悪魔の通達を受けてメガバンクは不良債権処理を苛烈化させていきます。

 
稲妻とビルディング
銀行の厳しい「貸し渋り・貸しはがし」の原因は『緊急経済対策』通達

政府通達『2001年4月6日 緊急経済対策』は、21世紀初頭の銀行による過酷な「貸し渋りや貸しはがし」の背景となった「2年3年ルール」が定められた(中小企業にとっては)悪魔の通達です。(文中敬称略) ...

続きを見る

 

過酷な不良債権処理に苛み(さいなみ)ながら

銀行の姿勢が最も厳しかったのは、私が初任課長として新潟支店に赴任していた4年間でした。

みずほ銀行(富士銀行が他2行と合併して誕生)が、異例の1兆円増資を行った前後にあたります。

 

メガバンク地方支店の無情なメイン寄せ

当時のメガバンクの地方支店では、地場の地方金融機関へ不良債権を押し付ける「メイン寄せ」も露骨に行っていました。

 
銀行員の悪魔のシルエット
貸し渋り・貸しはがし「銀行員は冷酷非情?」融資回収の裏側

21世紀初頭、銀行による過酷な融資の貸し渋りや貸し剥がし(はがし)が社会問題化しました。実際に何が行われていたのか? 「貸し剥がし」にフォーカスしてその手法と実例を、メガバンクの最前線にいた私が書きま ...

続きを見る

 

「死ねというのか!?」

「血も涙もない人!」

 

と罵倒されるのは日常茶飯事。「自分だって本意ではない!」と心の中で叫ぶことも多々ありました。

融資先のご老人が自ら命を絶たれたときにはさすがに、やり場のない怒りに震えました。

 

ミッションを放棄して逃げ出すのは嫌だ

しかし「これをやり切らなければ銀行が潰れる」という状況は、営業現場にいる私でも痛いほど理解できました。

そのため、自分に言い聞かせるのです。

 

「組織に属する人間として、与えられたミッションに全力で取り組むのは当然であり『嫌だから』と途中で逃げ出すことはするまい」

 

私は相当に意固地なのかもしれません・・・

 

企業再生の道へ進みたい!!

また私の業務は、必ずしも回収一辺倒だったわけでもありません。

新潟支店で課長職にあるときは、地場大手企業M社の再生案件も自ら手がけていました。

 

私的整理に関するガイドライン

M社に関しては、メイン銀行の地方銀行が(当時は数えるほどしか事例がなかった)「私的整理に関するガイドライン※」適用による債権放棄を提案してきました。

※私的整理ガイドラインとは、平成13年、金融業界5団体や経済団体連合会、学者、弁護士等の専門家などで構成される「私的整理に関するガイドライン研究会」によって、銀行等の金融機関が貸出取引先に対し債権放棄等を行う場合の指針として発表された。法的拘束力・強制力のない紳士協定

YSG経営ナレッジより引用

 

準メイン銀行のみずほ銀行は、かなり複雑な立場にありました。

キーを握る残高シェアを持ちつつも(前述したように)「極力、地元銀行に負担を寄せろ」が基本スタンスなのです。

 

ただし結果としては、無事に債権放棄が実現できて、M社は復活を遂げました。

私にとっては、この企業再生案件で味わった高揚感は、その後も忘れがたい体験となったのです。

 
「私的整理に関するガイドライン」運用に関する検討結果について | 平成14年 | 一般社団法人 全国銀行協会
「私的整理に関するガイドライン」運用に関する検討結果について | 平成14年 | 一般社団法人 全国銀行協会

私的整理に関するガイドラインの一層の利用促進のため、私的整理に関するガイドライン研究会の有識者委員の有志、私的整理実務家(弁護士・公認会計士)、金融機関担当者等を構成員とする「私的整理に関するガイドラ ...

続きを見る

 

オンデーズ再生に生かされた経験

再生案件に取り組む過程で「私的整理に関するガイドライン」事務局のメンバーや弁護士の方々と「衡平性こうへいせい釣り合いがとれている)」について議論する機会もありました。

この経験は、後に OWNDAYS 再生の実務で10を超える銀行との丁々発止(ちょうちょうはっし=激しいやり取り)に生かされました。

オンデーズ再生に参画した初年度に「銀行の取締役支店長宛に内容証明郵便で抗議文を送りつける」といった荒業を使ったのも、実務経験で得た自信があったからこそです。

 

敷かれたレールを歩くのはつまらない

M社の再生に携わるうちに私は「企業再生」の道に進みたいと強く思うようになりました。

折しも三枝 匡(さえぐさ ただし)氏の”経営3部作”を読んで企業再生への関心が芽生えていた時期でもありました。

 
V字回復の経営 2年で会社を変えられますか 企業変革ドラマ

▲画像クリックでAmazonへ▲

 

そこで私は、銀行の「ポストチャレンジ制度」を使って企業再生に関与する部署への配転に応募したのです。

 

銀行でのキャリアのレールを悟った

意気込んでチャンレジした応募に対し、私は面接を経て最終候補の2名には選ばれたそうです。

しかし結果として軍配が上がったのは、私よりもずっと若い候補の側でした。

私はこのポストチャレンジの落選結果を受けて、ふと悟ってしまいました。

 

「銀行は自分にこのまま融資のエキスパートとして進んでいくことを求めているのだ・・・」

 

そこで自分のキャリアのレールが見えた気がしたのです。

このまま順調に銀行でのキャリアを歩んでいけば、恐らく次のようなレールです。

営業店の副支店長
 ↓
支店長
 ↓
審査部か融資部の要職
 ↓
関連サービサーの要職で出向

 

レールは自分で作り上げていきたい

透けて見えたそのレールは銀行員としては恵まれたものでしょう。

ぜいたく言うな!!」と怒る人がいるかもしれません。

 

いや。もしかしたら、私の勝手な思い込みに過ぎないかもしれません。

しかし私にとっては”敷かれたレールの上を進む”40~50歳代の人生が猛烈につまらなく感じてしまったのでした。

向こう10年、恐らく最も脂が乗るであろう40代を、ワクワク感もなく過ごしていくことに恐怖すら覚えたのです。

 

ミッション完遂~もう負け犬ではない

企業再生部署へのポストチャレンジに失敗した翌年の2005年1月に、私は新潟支店から赤坂(東京)の支店へ異動となりました。

 

強烈なバブルの爪痕が残る赤坂支店

私が赴任した店舗、現在のみずほ銀行赤坂支店は、旧富士銀行赤坂支店です。

ブログ記事 ドラマも凌駕「半沢直樹なんかガキだよ」富士銀行赤坂支店事件を知る に書いたとおり、バブル当時に戦後最大の金融スキャンダルを呼ばれた「富士銀行赤坂支店(架空預金証書)事件」が起きた舞台です。

このバブルの象徴とも言える支店で、私は”不良債権処理”のラストスパートをかけました。

 

不良債権問題の終結宣言

結果として、十数年間”もがき続けた”末の2005年半ば、大手銀行は「不良債権問題の終結」を宣言しました。

2005年3月期の決算については、大手行グループはそろって、不良債権半減目標を達成、また、不良債権残高は8兆円を切る水準まで減少している。

・・・中略・・・

不良債権処理の進捗状況については、個々の銀行を比べれば、若干の濃淡があるが、総じて言えば、不良債権問題は終結した、と申しあげて良いと思う。

全国銀行協会 前田会長記者会見(みずほフィナンシャルグループ社長)2005年6月21日 より引用

 

不良債権処理の終結宣言とともに富士銀行は「一律1割以上カットしていた給与も、翌年度から元の水準に戻す」と発表したのです。

 

もう負け犬ではない

私はミッションを完遂した安堵(あんど)を覚えるとともに、自分に言い聞かせました。

 

「ここで銀行を飛び出しても、もう“負け犬”ではない!」

 

もう堂々と銀行を出ていける、後ろ指を指されるいわれもないはず・・・そう思いました。

 

いつでも”ケツをまくれる”状態にした

銀行からアナウンスされた「不良債権問題の終結宣言」と「給与水準のアップ予告」を受けて、私は「もういつ退職しても良いや」という感覚になっていました。

東京近郊にマンションを買い、転勤のたびに渡り歩いていた社宅は退去しました。

自宅購入の際の住宅ローンも、勤務先の銀行からは全く借りませんでした。

勤務先(銀行)に対して、もういつでもケツをまくることが可能な環境を整えていたのです。

 

そして、私が銀行を飛び出すことを決断する引き金となった”ある事件”が起こったのです

 

(第2回へつづく)

 

 

(第1回)破天荒フェニックス”オンデーズ再生物語”の基礎を作った銀行員時代

(第2回)倍返しは後味悪い!?みずほ銀行を飛び出した背景を説明します

(第3回)メガバンクを飛び出して”逆に”不良債権を買取する側に回った

(第4回)なぜ私が金融業界から身を引き”脱サラ”に踏み切ったのか!?

 

---------------ヽ(^。^)ノ

ヨシオクノのツイッターはこちら。

ヨシオクノのfacebookページはこちら。

 

富士銀行に関する話題

私は『富士銀行の犯罪』に書かれている最もバブリーな店舗に入行した

富士銀行(みずほ銀行の前身)市ヶ谷支店は全国レベルで最もバブリーな店舗だった。ルポルタージュ『富士銀行の犯罪』・・・この本に登場する大事件の大半に(私が最初に配属された)富士銀行市ヶ谷支店が関与してい ...

続きを見る

富士銀行「史上最恐モンスタークレーマーの電話」その対策と対応実録

富士銀行の歴史において最恐ともいうべきモンスタークレーマーがいました。私が地方店の課長をしていたときに、運悪くそのクレーマーからの電話を受けることになりました。支店に「最高警戒レベル」の電話がくるかも ...

続きを見る

 

企業再生に関する話題

メガネ業界の闇
破天荒フェニックス”オンデーズ再生物語”【裏話】伊集院事件

オンデーズの再生に取り組んだ初期(2008年)に不可解な事件がありました。メガネ業界に殴り込むや否や、雑貨チェーンを買収するなど、ますます勢いづいて”目障りな”田中修治を陥れようとする黒い罠なのか!? ...

続きを見る

SPPED ノンストップバス
映画『スピード』の暴走バスと姿が重なる破天荒フェニックス

破天荒フェニックスでも描かれるOWNDAYSの再生途上の状況を、私はよくアクション映画『スピード』に例えます。爆発を回避するためバスをノンストップで暴走させざるを得ない状況で、必死にもがく姿が当時と重 ...

続きを見る

宴会イメージ(ネガポジ)
厳しすぎた資金繰りのトラウマが飲み会へ参加できない後遺症となった

ある時期から私は会社の飲み会への参加がガクンと減りました。実は凄惨を極めた資金繰りコントロール時に受けたトラウマの後遺症なのです。温かい目で見てやって下さい。(文中敬称略) 目次もともとは普通に宴会に ...

続きを見る

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を
 

 
= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号

 

 

JASRAC包括許諾マーク

JASRAC許諾マーク

JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 

 

プロフィール

奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝

OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
(融資/債権回収/再生)
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER

詳しいプロフィール

 

ブログ内検索

-ビジネス
-,

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.