中野坂上(東京)は製粉業が盛んであった~石森製粉の石臼モニュメント

投稿日:2019年1月 29日(火) 更新日:

石臼

@丸岡ジョー/photoAC

東京の新宿から近い「中野坂上」には、かつてこの地が製粉業が盛んであった名残を示す変わったモニュメントを見ることができます。(文中敬称略)

中野坂上にある不思議なモニュメント

東京の地下鉄「中野坂上」駅の地上出口からすぐの場所に、風変わりなモニュメントがドンと置いてあります。

 
 

地図で示すとこのあたり。新宿駅から車で5、6分くらい離れた場所になります。

 

中野坂上の近辺はそば粉の製粉業が盛んだった

近所に長く住んでいる方が「あれは石臼」と教えてくれました。実は、この建物も「マンションストーンミル」という名称でした。

かつて、この中野坂上の界隈は、そば粉の製粉業が盛んだったのです。

 

 

製粉業が発展した背景には、すぐ近くを流れる「神田川」の水力利用と物流の便の良さが背景にあるとのことです。

その昔、神田川の水力と青梅街道の物流が交差する中野坂上付近では製粉業が発展し、幕末から大正のはじめにかけて6社が製粉業を営んでいたといわれています。

その中でも石森製粉は現在まで存続し、そば粉の製造販売を行っています。

まるっと中野「石森製粉の石臼」から引用

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 

ブログ内検索

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.