つげ義春の漫画『ねじ式』の”目玉だらけ”の元ネタ写真の情報は誤りだ

投稿日:2018年9月 6日(木) 更新日:

漁村の路地裏

gois×gois/photoAC

異色の漫画家「つげ義春」の代表作『ねじ式』の有名なシーン。主人公が医者を探し求めて眼科(目玉の看板)ばかりの道を歩く・・・この風景の元ネタと言われる台南(台湾)の写真がインターネットで拡散されていますが、実際に参考にしたのは別の写真家の作品なのです。(文中敬称略)

決定版”つげ義春の研究本”『Spectator つげ義春』

『Spectator つげ義春』(幻冬舎)というムック本を入手しました。

つげ義春の研究本として貴重な資料やインタビューが満載です。

 
 
スペクテイター〈41号〉 つげ義春

▲画像クリックでAmazonへ▲

 

この『Spectator つげ義春』の中で、つげ義春の代表作『ねじ式』に関して、インターネット上では定説となっている情報の誤りが指摘されています。

 

ねじ式「目医者ばかり」の風景の元ネタは「王双全」の写真ではない

つげ義春の代表作『ねじ式』に有名なシーンがあります。

医者を探し回る主人公が「ちくしょう 目医者ばかりではないか」とぼやく場面、周辺は「目」の看板がたくさんあります。

 

「Spectator つげ義春」/幻冬舎 115ページより引用

 
 

このシーンの「元ネタの風景が台湾にある」としてネットでは様々な情報と写真が飛び交っています。

中には「写真はPhotoshopで加工したフェイク」と決めつけている投稿もあります。

元ネタ写真として最も取り上げられているのは、下の写真の左側の写真です。

 
ねじ式「目」比較

「Spectator つげ義春」/幻冬舎 115ページより(並べて)引用

 

台湾の写真家「王双全」の作品とされています。

 

しかし、マンガと並べて比べてみると看板の形や位置が違っていることが分かります。

 

元ネタは「朱逸文」の『フォトアート』1963年5月号に掲載された写真

つげ義春の研究本『Spectator』は、ネット上の「王双全の写真」説を否定しています。

下の写真の左側は「朱逸文」という人の写真で『フォトアート』1963年5月号掲載のものです。

マンガと同じアングルかつ同じ種類の看板であることが明白です。

王双全と朱逸文はふたりとも台湾の写真家なので、地元(台南)の風景だと思われます。

 
ねじ式「目」

「Spectator つげ義春」/幻冬舎 115ページより引用

 

 

インターネット上で拡散されている情報は鵜呑みにしない方が良いひとつの事例です。

 
改訂版 ねじ式 つげ義春作品集

▲画像クリックでAmazonへ▲

 


 

おすすめ記事

 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を

= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 
▼関連コンテンツ(一部広告を含む)▼
 
******************************
プロフィール

奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝
OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
[融資/債権回収/再生ハゲタカ]
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER
******************************
NewsPicksインタビュー
▲画像クリックでNewsPicksへ▲
******************************
破天荒フェニックスに登場

▲画像クリックでAmazonへ▲
 
******************************
******************************
ブログ内の記事は↓↓↓でお探し下さい
(改修途上)
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ブログ内検索

カテゴリー

タグ

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.