10月14日「鉄道の日」に行われるJR両国駅の「レゴ駅」イベントが話題になっています。開催場所は同駅の「幻の3番ホーム」?。この「幻の・・・」とはいったい何なのか? 調べてみました。

▼スポンサーリンク▼

イベント会場化しているJR両国駅の「幻の3番ホーム」

10月14日「鉄道の日」にJR両国駅で行われる「レゴ駅」イベント。開催場所が「幻の3番ホーム」となっています。

 

夏には期間限定の餃子ビアガーデン「ギョーザステーション」

この「幻の3番ホーム」では、2018年8月24日~9月5日に「ギョーザステーション」というイベントも行われていました。

 

 

普段は閉鎖されているJR両国駅3番ホーム

この3番ホームは普段は閉鎖されていて入ることができません。

いったいこの「幻の3番ホーム」というのは何なのでしょう?

 

両国駅はもとは巨大なターミナル駅だった

簡単に説明します。1972年に総武本線が東京駅に直通するまで、両国駅は房総方面のターミナル駅として多くのホームを持っていました。

しかし1980年代の相次ぐダイヤ改正によって、JR両国駅は、総武線各駅停車のみが停車する駅となってしまったのです。

かつての操車場跡には江戸東京博物館が建ち、かろうじて残された3番線ホームは、臨時列車用のホームとして普段は閉鎖されています。

 

詳細を知りたい方は 両国駅ーWikipedia や レトロモダン・両国駅 – 東京建設業協会 をご参照ください。

 

おすすめ記事