ブログについて■ 広告・アフェリエイトなし。リンク先は価値あるサイトのみを厳選。安心してご覧いただけます。■ 過去記事は、頻繁にリライト(加除修正)し、情報をアップデート。開くたびに新発見があるかもしれません。
■ カテゴリーとタグは整備途上のため、まだ必ずしも適切な分類となっていません。

生活と文化

自転車のサドル盗難に「意外な事実が!」防止に鍵やチェーン他グッズ

投稿日:2018年4月 18日(水) 更新日:

自転車のサドル

チャコさん/photoAC

なぜサドルだけ持ち去るの?理由を知って対策に生かす。

市役所から届いた防犯情報メールに「自転車のサドル盗難防止対策を」と書いてありました。「サドルだけ盗むやつがいるって知らなかった」とTwitterでつぶやいたところ「盗まれたことがある」という声がいくつか寄せられました。興味を持ったため調べてみたところ、サドル泥棒の意外な理由や動機を知りました。

自転車のサドルを盗む理由・動機

考えられる盗難の理由・動機は大きく分けて4つあります。

  1. 単なる物欲
  2. いたずら、嫌がらせ
  3. サドルフェチ(変態)
  4. 原付きバイクの盗難ツール

1.単なる物欲

これは比較的わかりやすい動機でしょう。高級革を使っていたりして値段が数万円するサドルもあります。またはレアなモデルであるとか。その価値が分かる自転車マニアであれば、出来心で盗んでしまう、または転売目的で物色していることも考えられます。

 

2.いたずら、嫌がらせ

いたずらや嫌がらせの場合は2つのパターンが考えられます。

  • 無差別に行うケース
  • 特定の人物(または団体)を狙うケース

中学時代の同級生が、学校の駐輪場で、教師の「自転車のタイヤの空気」を抜く現場を見たことがあります。動機は叱られた腹いせです。同様な動機でサドルを外してしまうことも十分ありえます。

 

3.サドルフェチ(変態)

学校で好きな女子の自転車のサドルを盗んで自宅で愉しむ変態、または好きが高じて嫌がらせをしてしまう、倒錯した青春少年?

数年前にはびっくりするような「サドルフェチ」の犯罪者がニュースになっていました。

女性が使っているとみられる自転車から革製のサドルだけを選んで盗みを重ねていたといい、同署は自宅からポリ袋に入ったサドル計200個(計120万円相当)を発見、押収した。・・・中略・・・調べに「革の質感や、においが好きで、なめたりにおいをかいだりしていた」などと話しているという。

MSN産経ニュース より引用

押収された大量のサドルの画像あり ↓

 

このニュースには後日談があります。

「サドルフェチ」と報道された犯人が、「私はサドルフェチではない」として、神奈川県(神奈川県警)とスポーツ紙のメディア6社を相手取り、名誉毀損で損害賠償請求の裁判を起こしたというものです。裁判資料によると、

「盗んだサドルの匂いを嗅いだり舐めたりしたことがあったのは事実であるが、匂いを嗅いだり舐めたりすることが盗みの目的ではなかった」

「人間関係のストレスが引金になって、サドル窃盗がやめられなくなり」

「盗んだ動機としては『革が好きだから盗んだ』『革特有の匂いが好きだから盗んだ』『人間関係のストレスで盗んだ』以外には、原告自身は今現在も説明することができない」

デイリー新潮 2016/3/28 より引用

・・・もう、何と言ってよいやら・・・意味不明です。

 

4.原付バイクを盗むためのツールとして利用

調べていると、興味深い記事を発見しました。

筆者の体験談として、盗まれたサドルが「原付きバイクの鍵穴を壊すために使用された」と警察から言われたと書いています。

もっと調べていくと、実際にこういったサドルの利用方法について事件報道されたニュースもありました。

原付バイク8台とナンバープレート1枚を盗んだ疑いがもたれている。8人は自転車のサドル(パイプ部)を使い、これを強く押し当てることでバイクのキーシリンダー部分を打ち抜く手口でカギを破壊。エンジンの始動を行えるようにしていた。

Response 2008/10/21「カギを破壊してバイク盗難、少年16人を逮捕・書類送検」  より引用

 

防犯対策

盗難防止グッズ

「自転車サドルの盗難防止グッズ」は検索すると、ワイヤー式やボルト式等、たくさん出てきます。その中で気になったのがこれ ↓
ABUS「ナットフィックス」カギを使わないホイール・サドル盗難防止用ロック

柱に固定した状態のバイクは倒すことができない、という原理(重力)を利用した画期的なホイール・サドル盗難防止用ロックナット。自転車を倒すとロック解除できる。ハイセキュリティなロックと併用することで、結果的に広範囲をロックできる。2017年8月10日(木)発売。

鍵が不要。自転車を倒さないとロック解除できない仕組みです。駐輪場やポールに自転車を固定できる環境ならば良いかも。

 

サドルなし自転車

いっそのこと、サドルなしの自転車にしてしまえば心配ないのでしょうが、これらは日本の公道はOKなのかな? キックスクーターはダメですよね・・・

 

_____ 使用する素材について _____

本ブログで使用している画像素材は、下記のウェブサイトからの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。"depositphotos” "photoAC”

本ブログの動画は JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードが存在しないレコード会社等の公式YouTubeから埋め込みの方法で利用しています。また本ブログは奥野良孝が広告収入等を得ずに個人で運営するサイトにつき許諾契約不要となります。


____ この記事を書いている人 ____


奥野 良孝(おくの よしたか)

OWNDAYS CFO|メガバンク~投資銀行
[融資/債権回収/再生ハゲタカ]→脱サラ
→オンデーズ再生に参画|趣味は雑多

_________   Facebookページ   _________

_____________   Twitter   _____________

-生活と文化

Translate »

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2018 All Rights Reserved.