"破天荒"元銀行員・CFOの頭の中?

富士銀行スポーツ行事の中心「済美山運動場」現在は都立公園の一部に

2019年5月 6日(月)

野球グラウンドと軟式ボール

@uopicture/photoAC

富士銀行が隆盛を誇った時代の象徴かもしれない、東京杉並区にあった「済美山グラウンド」。この広大な運動場はいまや東京都立の「和田堀公園」の一部に組み込まれて再利用されています。(文中敬称略)

銀行危機に伴い処分されたグラウンド

「かつての銀行では行内のスポーツ行事が盛んに行われた。このため広大なグラウンドを保有していたものの、金融システム危機により処分してしまった」という趣旨をツイートしました。

 

 

 

ツイートで触れている「東京都国立市の富士銀行社宅とグラウンド」については、過去記事 [su_permalink id="10302" target="blank"][/su_permalink] に当時の地図を載せて紹介したことがあります。

国立グラウンドの他に、東京都杉並区と埼玉の岩槻にグラウンドがありました。ここでは東京都杉並区にあったグラウンドについて書きましょう。

 

富士銀行におけるスポーツの重要拠点「済美山運動場」

銀行のスポーツ行事で東京近郊の行員が主に利用したのは「済美山(さいびやま)運動場」(東京都杉並区堀ノ内)でした。

地下鉄丸の内線「方南町」と京王井の頭線「永福町」の両方の駅から歩いて行ける便利な場所にありました。また駐車場のスペースも広くあったため、マイカーでやって来る行員も多かったです。

この場所には宴会場もある大きなクラブハウスと、ランニングトラック、野球場、テニスコート、バレーボールコート等があり、ほとんどの行内スポーツ行事は済美山で行うことができました。

陸上の長距離種目で日本記録を持っていた「片岡純子」さんも、富士銀行の陸上部に所属時にこの済美山で練習していたと聞いています。

 

現在は都営の公園の一部に

この済美山グラウンド、現在は東京都へ売却されて、隣接する「和田堀公園」の第二競技場として利用されています。

 
 

銀行保有時代にあったテニスコート等は公園広場と遊具に生まれ変わり、今では競技スペースは陸上トラックしか残されていないようです。

 
 

しかしながら立派な公園となった現状の広さを見れば、往年の銀行の隆盛っぷりを少しは感じ取れるかもしれません。

 

富士銀行の国立(くにたち)グラウンドに関する話題

閑静な住宅街と学園都市のイメージが強い東京都の国立(くにたち)駅。その北口に「0系新幹線の本物車両」があります。子連れと鉄道好きにはたまらない超穴場のスポット...
 

お気に召しましたら
・・・ポチッと(゚.゚*)

ヨシオクノ 奥野良孝 を
 

 
= 使用する素材について =

当サイトで使用している画像素材は、depositphotos 他からの購入を中心としたロイヤリティフリー素材および奥野良孝が撮影した素材を利用しています。

当サイトの動画は、 JASRACの動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 に則り、違法アップロードのないレコード会社等の公式YouTube他から埋め込みの方法で利用しています。JASRAC許諾第9022158001Y31015号

 

 

JASRAC包括許諾マーク

JASRAC許諾マーク

JASRAC許諾第9022158001Y31015号


 

 

プロフィール

奥野 良孝 Owndays(オンデーズ)CFO

ヨシオクノ 奥野良孝

OWNDAYS 取締役|
メガバンク~投資銀行
(融資/債権回収/再生)
→脱サラ
→オンデーズ再生に参画
→次は自分3.0?
音楽全ジャンルとダンスLOVER

詳しいプロフィール

 

ブログ内検索

-ビジネス

Copyright© バブル世代ど真ん中 , 2019 All Rights Reserved.