会社をクビになる危険も!?たかがスピード違反と侮るなかれ

得てして「これくらい大丈夫だろう」と甘く考えがちなのがスピード違反。ある速度をオーバーすると反則金では済まずに”刑事罰”を受けることについては認識しておくべきです。スピード違反によって職を失った実例もあります。(文中敬称略)

痴漢の冤罪でもお前らはクビだ!?

Twitterで #新型痴漢 というキーワードがトレンド入りしていて、ふと思い出しました。 

私が銀行員だった時代に見聞きした「痴漢」についてツイートした過去の投稿です。

  • 直属の支店長から教えてもらった痴漢冤罪の恐怖
  • 初任課長研修における人事部からの忠告

「冤罪であろうと捕まったらクビだ!!」

という銀行の人事部の冷たい? 宣言のツイートに対しては『冤罪でもクビって・・・ 社員を守ろうという気が皆無というのが恐ろしい』というコメントもありました。

しかしながら「痴漢の冤罪を晴らすのは相当に困難」であるのが現実です。

もし本当に逮捕されてしまった場合には(銀行に限らず)多くの企業では容疑者の社員を守ってくれないでしょう。

たかが”スピード違反”と侮るなかれ

意外とやってしまいがちで、しかしながら注意する必要があるのは「スピード違反」です。

数年前に私の妻が教えてくれました。

「パート先に新しく入った女性がね、旦那さんがスピード違反で捕まって会社をクビになったんだって」

30km以上(一般道路)スピード超過は刑事罰となる

実は、私はその妻の話を聞いた時に初めて、スピード違反行為の深刻さを認識しました。

さっそく調べてみた結果「頭に叩き込んでおくべき」2つのポイントはこれです。

  • 一般道路:30km以上速度超過
  • 高速道路:40km以上速度超過

上記の速度超過(スピードオーバー)の場合には、反則金制度が適用されずに「刑事罰」となります

具体的な罰則はコレ。

6ヵ月以下の懲役(過失の場合は3ヵ月以下の禁錮)又は10万円以下の罰金

刑事罰なので「前科」がついてしまいます。

会社によっては就業規則により懲戒処分の対象となり、解雇となる可能性もあるのです。

(ちなみに妻の知人のケースでは旦那さんは金融機関にお勤めだったそうです)

スピード違反に対する処分とは?|事故・違反|JAFクルマ何でも質問箱
JAFのクルマに関するお役立ち情報コーナーです。こんな疑問、あんな疑問から、気軽に楽しめるクイズ、リーフレットのダウンロードまで車全般の一般知識をJAFが分かりやすく説明しました。

実際にスピード違反で失職した事例の報道もあった

実際に2018年1月17日の朝日新聞デジタルでは「スピード違反で公務員が失職した」ケースを報じています。

当該ニュース記事はすでに削除されているものの、下のMotorFanのリンク先に解説が載っています。

1/17付けの朝日DIGITALによると、埼玉県内の東北道下りでオービスにより92/kmオーバー(!)で検挙され、その刑事裁判で懲役4か月(執行猶予3年)の判決を受けた東京都府中市の職員が、地方公務員法の定めにより、失職したということだ。

もちろん、速度違反の裁判で懲役刑の判決が出たのはこれが初めてというわけではないし、十分、あり得ることなのだが、意外と知らない人が多いというのも事実。これを機に、認識を新たにしておきましょう。

MotorFan[モーターファン] 2018/01/23 より引用

運転スピードには細心の注意を払うべし

私は、具体的な刑事罰から失職にいたる事例を見聞きしてからは、スピード違反がとても怖くなりました。

そして自然と、自動車を運転する時にはスピードを上げることに対してかなり臆病になりました※

車列全体の流れに巻き込まれて一時的にスピードを出さざるを得ないときも、私は前述したデッドラインを常に意識しています。

※「臆病になった」と書いた理由は、2018年2月に書いた次のブログ記事を をご覧になると理解できます。

 ▶高速道路「日産スカイラインR32型」180kmでパトカーを追い越したら 

タイトルとURLをコピーしました