創業500年の超老舗とらやが仕掛ける斬新なDMに感服した

羊羹のとらやから意表を突くDM(ダイレクトメール)が届きました。巧みに興味と関心を引き、かつシンプルなメッセージを「決め球のストレート勝負」で強く印象づける・・・超老舗のこれまでにない大胆なスタイルに感銘を受けました。(文中敬称略)

▼スポンサーリンク▼

羊羹のとらやから風変わりなDMが届いた

高級羊羹で有名や虎屋(とらや)からDMが届きました。

お中元やお歳暮シーズンの前には必ずカタログが届きます。しかし今回は時期外れなタイミングです。

「ん?」

さらに(従来のイメージからすると)相当に風変わりな形のモノが届いたのです。

薄いビニール袋にオレンジ色のペーパー1枚!?

オレンジ色の怪しい紙1枚だけが入ったビニール袋!?

老舗の「とらや」から届くお知らせは、いつも質の良い封筒に入っています。

そのため、このビニール袋の郵送物は大変に異様な印象を受けました。

季節の「新栗まつり」を強く印象づけ関心を呼び起こす

ペラペラのビニール袋に「ナニゴトか?」と思った私は、早速に封を切って中身を取り出しました。

ペーパーの裏にも何もありません。

オレンジ紙の上部に貼り付けられているパーツは圧着式になっています。剥がしてみましょう。

中には『新栗まつり』のお知らせが!!

変な形をした圧着シールを剥がしてみると『新栗まつり』のお知らせがありました!!

なるほどー。これは栗の形だったのですね。オレンジ色は栗を象徴したカラーでした。

「いつもと違うぞなんだコレ?」
 ↓
「シールを剥がす」
 ↓
「そうか、栗の季節なんだー!」

これらの一連の流れによって、私の頭の中には完全に栗だらけになりました。

紹介する商品も、定番商品である小型羊羹の「新栗」一本をアピールしてくる・・・

もう不思議と、栗の和菓子が食べたくなります。してやられました。

創業500年の超老舗でも失わない斬新さ

とらやは室町時代(1336年~1573年)の後期に京都で創業した、実に500年近い歴史を持つ和菓子屋さんです。

現社長の黒川光博氏は、なんと「第17代当主」なのです。

とらやの歴史 | とらやの和菓子|株式会社 虎屋
室町時代後期、京都で創業した和菓子屋「とらや」のオンラインショップです。「とらや」を代表する羊羹や季節の生菓子の情報、和菓子にまつわる歴史・文化、店舗の情報、イベントのお知らせなどを随時更新しております。

そんな超老舗のとらやであっても、守るべき伝統とこだわりはしっかりと守り引き継ぎながら、既成概念に囚われない感性を合わせ持つことに感銘を受けます。

ワンパターンなDMを繰り返す会社は見習うべき

あいかわらずワンパターンな「ゴミ箱へ直行」のDMを盛んに送ってくる様々な会社が絶えません。

そんな会社の責任者には、ぜひ超老舗の爪の垢を煎じて飲ませてあげたい・・・

タイトルとURLをコピーしました