LINEで送る
Pocket

小さい頃からメガネっ子の自分にとっては、ジミーのメガネスタイルが憧れ。中学生の頃からジェームズ・ディーンが大好きでした。特に普段の彼のメガネ姿がカッコ良くて憧れていました。彼が使用していたメガネブランドは、ジョニー・デップも愛用するTART。すでに廃業してヴィンテージになっていましたが、近年は復刻版も出ているようです。(文中敬称略)

ジェームズ・ディーンは映画も観て欲しい

「エデンの東(East of Eden)」は、中学生ごろにテレビで観て、高校生の時に映画館(名画座)で観て、DVDを買って観て・・・好きな映画の中の一つです。若い方には写真だけでなく是非とも映画で動いているジミーも観てもらいたいです。

特に感情移入した「エデンの東」

ジェームズ・ディーンが演じる主人公はやんちゃな次男で、長男は真面目で優秀。父親からは「長男を見習え」と叱られます。まるで自分の境遇を見ているようで感情移入しました。私もよく親父から「お前は大きくなったら愚連隊(もはや死語)になる!」と叱られ、家の外に追い出されたりしていましたが、兄はそういう事が全くない優等生でした。

East of Eden

ジェームズ・ディーンのエモーショナルな演技が当時は好きで、特にラストのシーンはセリフを丸暗記するくらい繰り返し聴いていました。(上の動画はラストシーンではなく、父親のためを思ってしたことを咎められて嘆く場面)

ジェームズ・ディーンはメガネ姿もカッコいい

ジェームズ・ディーンは強い近視のため、普段はメガネを使用していました。メガネ姿の写真も数多く残されています。サングラスの写真も多いですが、その多くはクリップオン(普段使っているメガネにサングラスレンズをクリップで挟むスタイル)タイプですね。

 

気取らない無造作な感じが良い

ジェームズ・ディーンのメガネスタイルは、髪型も含め、無造作な感じが好きです。

ジェームズ・ディーンと比べると、語弊があるかもしれませんが、ジョニー・デップのメガネ姿には何となく自然さがなくて「やたらメガネが気になる」感じです。

ジェームズ・ディーンが愛用したメガネブランド Tart の Arnel

色々な写真を見ていると、ジェームズ・ディーンはメガネを複数本は持っているようです。

中でも彼が「愛用していた」と言われているのは、タート・オプティカル・エンタープライズィズ社(Tart Optical Enterprises Inc. )のアーネル(Arnel)です。タート・オプティカルは1948年創業の米国ニューヨークのメーカーですが、1970年代に廃業しているため、その後はヴィンテージメガネとして扱われてきました。

Tart Optical :: Retro Eyewear
Reproduction vintage retro Tart Optical Arnel eyeglass frames
 www.tartoptical.com 
http://www.tartoptical.com/style.php

復刻版が出ている・・・JULIUS TART OPTICAL

タート・オプティカルの関係者が起こした新ブランド「JULIUS TART OPTICAL」が復刻版を出しています。

JULIUS TART OPTICALは1950年代初頭に創業したタート・オプティカル・エンタープライズ社の創立者であるジュリアス・タート氏の意思を継ぐブランドとしてジュリアス・タート氏の甥のリチャード・タート氏と共に新規に創設したブランドです。リチャード氏はタート・オプティカル社のファクトリーやマーケティングに関わった実績を持ち、数多くの資料を保有し、唯一ジュリアス氏の意思を継ぐ存在となります。

JULIUS TART OPTICAL ウェブサイト より引用

鯖江発 TART OPTICAL ARNEL ? 

ライセンス関係はよく分からないのですが、「鯖江製」ということで「Tart Optical Arnel」というブランドが立ち上がっています。

1955年,James Dean(ジェームス・ディーン)も、愛車は「PORSCHE」、ジーンズは「Lee」、 煙草は「Winston」と、物にこだわった彼が愛用していたメガネを忠実に復刻し再現。ジョニーデップが師と仰ぐジェームスディーンが当時かけていた商品を全米で探させたことから、TARTストーリーが新たな始まりとなりました。 そのため、TARTを語る時、ディーンにフォーカスしたモノづくりは不可欠と判断しました。

TART OPTICAL ARNEL® ウェブサイト より引用

 

今度、詳しい人に聞いてみよう。

 


メガネ会社の役員のくせに他社の紹介だけするなと怒られそうなので、とりあえず自社のリンクも張っておきます。

10カ国から選択する「国名」が現地語表記です。読めない場合は「日本」を選択して下さい。

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。
ロックの殿堂1号「バディー・ホリー」の黒ぶちメガネはここで買える
「音楽が死んだ日」とフィデル・カストロも愛用のメキシコFAOSA。真っ先にロックの殿堂入りしたバディー・ホリー、大好きでした。彼のトレードマークと言えば黒縁の尖っ...

 

LINEで送る
Pocket