青春サーフィン映画の傑作「ビッグ・ウェンズデー」遂にブルーレイ化

高校時代に名画座で観てから大好きな映画『ビッグ・ウェンズデー』。待ち焦がれること10数年、待望のブルーレイ化が発表されました。このムービーはぜひブルーレイの精細映像+大画面で鑑賞して欲しいのです。(文中敬称略)

待望の「ビッグ・ウェンズデー(Big Wednesday)」ブルーレイ(Blu-ray)発売

とにかく首を長くして待っていました。かれこれ10年以上にはなるでしょう。DVDは持っていました。

人気映画だから直ぐにブルーレイ化するだろうと思って、定期的にアマゾンをチェックしていました。

ときどきアメリカの”本家”Amazon.comものぞいていました。

ブルーレイの入手をあきらめかけていたら、ついに2018年10月に発売!!

それでも一向にブルーレイが発売されません。

「何か複雑な権利関係があるのかな?」と半分あきらめかけていました。

ところがこの2018年の夏に(私にとっては)ビッグニュースが飛び込んできました。

HDリマスターでブルーレイ化ーー!!

日本でのブルーレイ発売は2018年10月

日本での発売は2018年10月3日。Tシャツがおまけに付いてくる特別仕様もあるようです。

ビッグ ウェンズデー
HDデジタル・リマスター ブルーレイ
製作40周年記念版 (初回限定生産)

▲画像クリックでAmazonへ▲

高校時代に映画館で観て以来、お気に入りのひとつ

 ロックの殿堂1号「バディー・ホリー」の黒ぶちメガネはここで買える で書いたエピソード。

私が高校生の時、学校から2つ隣の駅の吉祥寺に「テアトル吉祥寺」という名画座がありました。

この映画館は、1980年オープン時は(当時としても珍しい)名画座の新館で、しかも(当時はロードショー館でも完備されていなかった)Dolbyステレオやボディソニックシートを設置。料金もリーズナブルで素晴らしい映画館でした。

ここで、ウェストサイドストーリー、ジェームズ・ディーン3部作、ビッグ・ウェンズデー といった往年の名作映画を鑑賞しているうちに、1950年代~1960年代のカルチャーへの関心が強くなっていきました。

3人の主人公がカッコ良くて人間臭くて引き込まれる

1978年公開の「ビッグ・ウェンズデー」は「サーフィン映画」にジャンル分けされると思います。

しかしその内容は「青春ムービー」と呼んでも良いくらいです。

華やかで屈託のない明るい時代と、戦争や大人になる過程における様々な葛藤。

このコントラストが個性豊かな俳優3人によって演じられます。

ビッグ・ウェンズデー

▲画像クリックでAmazonへ▲

上のジャケット写真、左から

「ジャン=マイケル・ヴィンセントの現在」を調べるなら、映画を観た後で

その後、ジャン=マイケル・ヴィンセントは、1996年に自動車事故によって頚椎と声帯を負傷。さらに2012年には右足を切断します。

右足を失う前後からメディアは「没落」とか「落ちぶれた」と、痛々しい姿を晒して興味本位に取り上げていました。

この映画作品「ビッグ・ウェンズデー」を鑑賞する際には、そんな雑音はない方が良いです。

「ジャン=マイケル・ヴィンセント」とか検索して現在の姿を探すようなことはせずに、まずは映画を観ましょう。

「ビッグ・ウェンズデー」はきれいな画、大きなスクリーンで観るべし

人間ドラマもありますが、クライマックスはやはり「巨大な波(ビッグ・ウェンズデー)」に立ち向かうサーフィンのシーンです。

Big Wednesday – Trailer

ブルーレイの精細な映像を大画面で楽しもう

ビッグウェイブの大迫力を思いっきり浴び、感動に浸るのであれば、大きなスクリーンかつ精細な解像度は大事な要素です。

私がこれほど「ビッグ・ウェンズデー」に惹かれたのは、最初に映画館の大きなスクリーンで観たからだと思います。そのため、ブルーレイの発売を心待ちにしていたわけです。

サーフィンをやりたい! 老後の夢に

「ビッグ・ウェンズデー」を観た後はサーフィンをやってみたくてウズウズしていました。

しかし残念ながらこの歳になってもまだチャンスがありません。

  • ドラム
  • サックス
  • サーフィン

この3つは私の老後の趣味に加えたい(チャレンジしたい)トップスリー。

タイトルとURLをコピーしました